11/13 ツールド沖縄 140km 82位

今年最後で最大のレースであるツールド沖縄
このために6週間の禁酒と減量を行い
ほぼベストの状態にすることはできた。

土曜朝便で家族と共にフライト
娘が初飛行機だったので不安だったが
特に心配することもなく3時間を過ごしてくれた。

那覇につくと暑い
日差しが眩しかった。

レンタカーを借りて名護まで行き
3時に受付終了。

その後は家族と別れ
一人140kmのスタート地点までのんびりサイクリング
途中私と同じような2人来たので一緒にローテーションしながら無事に17時には宿に到着

その後、明日の準備やら食事をとり
夕方那覇着のM鬼さんも宿について雑談しながらリラックスできた。

そしてレース当日
朝5時には朝御飯を済ませ
6時には出発
100kmに出るM鬼さんとオクマリゾートまで行き
別れたあと
140kmのスタート地点まで
まだ自転車は並べ始めてなかったが
少ししたら並べ始めたので一番前をゲットできた。

その後は練習仲間の知り合いが到着したので雑談しながら過ごし、9時にスタート

最前列からだったので
後ろのごちゃごちゃのストレスは感じることなくできた。
一回目の普久川ダムは20番手位をキープする感じで回りのペースのまま登り18分くらいでKOMまで
例年より速いペースっぽかったが、特に余裕を持てて走れてたので問題はなかった。

その後は北半島の海岸線のアップダウンをこなし、奥の登りも先頭付近をキープする感じで余裕があって登れた。

しかし、その後に悪夢が...
辺戸岬を過ぎてもうすぐトンネルというとこで
リアタイヤがおかしい
案の定パンク
ショックを受けつつ、横により集団だったので後方のサポートカーに合図し、すぐにホイール交換。
ロスタイムは30秒ほどだったが集団はもう見えない。
西海岸沿いは後ろからの集団も来ないので一人TTで進む。
普久川手前で第2集団につかまり、集団内で休憩しつつダムの登りをこなし、KOMまで。

その後は集団のまま、前から落ちてきた人を拾いつつ、途中足がつりそうにもなりながら淡々と進み、羽地で右足がつって動けなくなってしまった。
ストレッチをして回復させ、また走り始めゴールまで

レースとしては辺戸岬で終わり、その後は苦行でしたかなかったがなんとか完走はして終わることができた。

沖縄レース


家族や仲間と合流ししばし座談をしたあと解散しホテルでぐったりして、久々の麦酒を満喫しました。

bi-ru.jpg


来年以降はまた出場できなくなると思いますが、またいつかリベンジにきたいと思います。

自転車
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する